妊娠38週!約2時間の安産で生まれました

NO IMAGE

昨日の明け方から陣痛が始まり、生まれました!!!!

約2時間のスーパー安産で出産

4時30分から軽い陣痛が始まり、病院着いてから1時間で出産、計2時間30分という「スーパー安産」でしたw

そのうちの30分は「なんか調子悪い?」くらいだったので、実質、陣痛1時間・分娩1時間くらいって感じです。

旦那さんいわく「映画をダイジェストで見た様な感じ」であっと言う間だったらしー。テニスボールとか色々聞いてたのに、そんなんやる暇もなかった。

初産でこうゆう人もいるんだねー。マジで良かったですw「出産は痛い」って話ばっかなので、こうゆう人もいると知って貰えると気が楽になりますかね。そうなると嬉しいです。

陣痛はどんな感じ?

「出産すると赤ちゃんが大きくなるまで焼肉を食べれなくなる」と聞いてたので焼肉を食べに行ってましたw明け方に胃もたれしたのか体調が悪い感じがして目が覚めたら、それが陣痛でしたw

そこから痛みが強くなって「腰をバットでフルスイングされる感じ」とよく聞くけど…まー確かにそんな感じかも。でも本当に痛さに波があるので、痛くない時に休憩ができるから良かった。

それより途中から気持ちが悪くなって、それがヤバかったです。痛さで気持ち悪くなるのか?血の気が引いた感じで吐き気が。後で知ったら、助産師さんいわく「出産が近くなると吐き気がする」らしいです。

病院に着いた時点で検査したら既に子宮口が「5、6センチ」まで開いてたらしいです。助産師さんが「家で頑張ったんだね」っておっしゃってくれたけど、内心「いや…さっき痛くなったばっかなんだけど…」って思ってた。

そこから10分後くらいに測ったら「8、9センチ」まで異常なスピードで広がったので助産師さんが慌て、このまますぐ分娩へ。

初産でも子宮口が開きやすい人というのがいるみたいです。

病院についてから陣痛室でのこのやりとりに約20〜30分。一般的に陣痛で子宮口が広がるのに平均10〜12時間ほどかかるようです。

ちなみに子宮口の開き具合を確認する方法は、おまたに指を突っ込んで普通に触診で確認します。これも痛い。

既に痛くなってる場所に手を突っ込まれるので痛いです。

でも既に陣痛が痛くて「もう無理ーーー!痛いーー」とか喚いてるので大丈夫(?)ノリと勢いでどうにかなる。

分娩はどんな感じ?

陣痛で痛くて歩けないのに分娩室まで歩けと言われて、ちょっと駄々こねたけど必死の思いで分娩室へ。分娩台が高くて登るのが大変でした。

確かに痛くて死にそうなんだけど「さっさと産まないとこの痛みから解放されない」と思って全力でいきみました。

出産ってめちゃくちゃ痛くて時間がかかるはず…こんなもんじゃねーはずだ!これからが本番だーーー!!!!」と全力でいきんでたら、生まれたwww

多分この出来事が30分くらい。

ちょっと拍子抜けしてたらよくある出産のシーンっぽく「ママ(私)の隣に寝かされる、生まれたばかりの赤ちゃん」の絵面に。「あんた誰?」って思った。

現実感がないのか「これはドッキリで、そこら辺の赤ちゃん連れてきたの?」って感じ。マジで新生児だったので「人間が自分のお腹の中に入っていた」というのが信じられなかった感じです。

分娩中にいきむと「上手い!上手い!!」って凄い褒められたんだけど、私はいきむのが上手いのでしょうか?みんなにこう言っておだてて産ませる作戦なんでしょうか?

よく分かんないけど、下っ腹に力を入れると「上手ないきみ方」らしいです。

ジムのマタニティクラスで臨月でも腹筋とかやってたのが効いたんだと思っています。妊娠中期から「私はアスリート」気分で週3でジムに通いつづけた成果です。運動って体に良いんですね。

そもそも運動してると産後の回復も早いらしいですよ。

会陰切開もしなくて済んだ

「会陰切開」もしなくて済みました。ちょっと裂けたとかで一針づつ二箇所縫いましたけど。その位で済んで良かった。

切開してない分回復が早いのか、当日からおまたがヒリヒリする位でトイレがしみて痛いのもの半日くらいです。

産む時に助産師さんが指を引っ掛けてグリグリ伸ばすのを何度もやるので、それがめっちゃ痛いw陣痛よりそっちのが痛いくらいwwwでもそれで伸ばすから切んなくて済んむんだと思います。良かった良かった!

まとめ

私は2時間ほどで出産できたけど、これが10何時間とか続くと相当ツライと思いました。

2時間でも腕が筋肉痛になったから他の人は全身がガッタガタになるのかもね。世間でよく言われる「出産は交通事故で全治1ヶ月のケガと同等くらいの身体的負担」って感じですか。

できるだけ短期決戦で挑んだ方が楽だと思います。

この戦いは長引くと不利ですわ。

あとよく「出産は男性には耐えられない」とか「人生で最も痛い」等の表現をよく聞くけど、私は「ぶっちゃけ話盛ってるでしょ?」って思っています。

「出産」という出来事自体に感情移入して、実際より大それた表現をしているのでは?と思っているので、逆に気楽に挑めたかなーと思ってます。

だって「人生で最も痛い」とか表現されたら恐怖心のが勝っちゃうもん。

実際、私はウルトラビビリなのでそんぐらいに思ってないと無理なんです。ネットで調べたら出産より尿路結石の方が痛いって見たので「出産は意外と大丈夫」と思ってました。

安産の方法でも「リラックスする」ってよくあるじゃないですか?その感じです。緊張すると筋肉が収縮して子宮口が広がらないから陣痛が長引くという理屈ですね。←こんなん言われてもクッソ痛い中でリラックスなんかできねーよって話なんですけどねw

ではでは、これから子育てに入るのでブログの更新も遅れると思いますが、またご贔屓にして頂けると嬉しです。取り急ぎ私の体験談になりますが、少しでも参考になれれば幸いです。

皆さんも楽な出産になる事をお祈りしています。

いつも1週間遅れくらいでブログ書いてるけど、今日はササっと昨日の出来事を書いてるから文体が違うw